約7割のママは仕事に幸せを感じていないことが判明。調査から読み解く!働くママの幸福度を上げるために、バランスボールができること。

2023年11月16日 / ブログ

こんにちは。

wellbeauty協会 代表/バランスボール インストラクターの小田早矢香です。

私の生徒さんの6割は働いているママです。

子育てと仕事で忙しい中でも、バランスボールで驚異的に健康かつ美しくなっています。

また、もともと専業主婦だったママが、バランスボールのインストラクターを志し、今はたくさんの生徒さんを受け持つ人気インストラクターになっているママもいます。

今日は私たちが実施した「ママの幸福度調査」の仕事篇をお届けします。

18歳未満のお子さんと同居している25歳から60歳のママを対象に9月末に実施した『ママの幸福度調査』。245人にアンケート回答していただいたのですが、専業主婦ではなく、外で働くママは116人(産休・育休含む)でした。

この116人の本音はいかなるものか?「勤労感謝の日」を目前に控えた特別企画としてご紹介します!

現在の仕事の満足度をたずねたところ「とても幸せ」と回答したママは全体の10.3%でした。

「比較的幸せで不満もない」と回答した人は20.7%でした。

「仕事がとても幸せ」と回答した働くママはわずか10.3%

つまり、働くママの約7割は現状に満足していない、もしくは幸福度を感じていないことが判明したんです。

本来仕事は、自分自身を高めてくれるもののはずなのに、皆、どこかに不安や不満を持っていることがわかりました。これは由々しき事態です。

また、働くママの中で現在産休・育休中の18人が回答した、今後の職場復帰に対する調査結果にも驚きました。

なんと!「職場復帰をする」と前向きな回答をした人はわずか1人。

それ以外は、「まだわからない」「迷っている」「復帰しない」という回答が目立ちました。

「働く」ということに、なんとも消極的なママの実態が明らかに・・・。

世間では、「働く女性を推進・応援」といったスローガンも目立ちますし、ワーキングママの活躍も目立つようになってきたのは事実です。

でも、それはまだまだごくわずか。お勤めしている多くの女性たちにとっては、仕事に対する幸福度はまだまだ高いとは言えないことが明白です。

そんな状況でもママたちが働く理由には、ママの幸福度を下げている“ある原因”にヒントがありました。

物価上昇に将来の不安。

お金のストレスがママの幸福度を下げている。

同調査で、245人のママに「あなたの幸福度を下げている原因は?」と聞いたところ、一番多かった回答が「お金のストレス」の34.7%で、次点の「夫の家事負担の少なさ」を8.6ポイントも引き離した結果に。働くママたちの回答も、上位3位は全く変わらず、%にも大きな差はみられませんでした。働くママも専業主婦のママも幸福度を下げている原因は変わらないことがわかります。

昨今の物価上昇は家計を苦しめますし、子どもの保育料や習い事、将来の学費の事を考えると「お金」は大きな悩みのひとつ。さらに、頑張って働いているのに低い賃金、昇給の見込みの薄さも「お金のストレス」に拍車をかけます。そのような環境の中で働いているママたちが、お金をはじめ、夫の家事負担や蓄積する疲労など、多くのストレスを抱えていて、幸福度を下げていることが調査から読み取れます。

私も産後に職場復帰した後は、仕事と育児と家事のストレスで、生理が止まってしまったり、出社前の車の中でワケもなく涙がとまらなくなったり、旦那さんの言動や行動にイライラしたり。もう、何をやっても浮上できなかったんです。

今思うと、身体も精神も、病んでいたのだと思います。

「もう限界・・・」

そう思って、仕事を辞める決意とともに、

「もう二度と、外に働きには出ません」と旦那さんに宣言しました!!

当時はそれほど、疲れていたんですよね。

だからこそ私は、この調査結果にあるママたちの気持ちが痛いほどよくわかります。

今の私を知る生徒さんには信じてもらえませんが、私、仕事を辞めたあと、ひとりで黙々と内職していたこともあるんです(笑)。

ママの幸福度をあげるのは「お金」じゃなくて「美しさ」

働くママたちに「幸福度を上げるために今やりたいこと/今後やってみたいこと」を聞いたところ、「自由に使えるお金が欲しい」を抑えて1位になったのが「体型を引き締めたい」だったのです。

実際、私のところに来る生徒さんたちも

・産後太りが止まらない

・産後、何をやっても痩せない

・痩せてはリバウンドの繰り返し

・くびれを作りたい

といった切実な悩みを持っています。

時間もお金も限られている中で、いろいろ試しても結果が出ないのは辛いしストレスですよね。

ママたちの幸福度を上げるために

・体型を引き締める

・痩せる

・オシャレをする

ここはバランスボールが貢献できます。

さらに、

・時間が欲しい

に関しても、バランスボールは短い時間で効果が得られるので、忙しい働くママにはピッタリだと思います!

調査で判明したママの自己実現願望

そんな悩み多き働くママたちですが、この調査の中で「ママたちの明るい未来がある!」と感じた結果がありました。

それは、専業主婦の24.6%が「これからも仕事はしたくない」と回答した一方で、47%が「現在は働いていないが、将来的に自分のやりたいことを見つけたい」と回答したことです。

「本当は自分らしく働きたい」とみんな思っているんですよね。

また、「幸福度をあげるために今やりたいこと/今後やってみたいこと」の質問では、34.2%の人が「自分に自信をつけたい」と回答しました。

生徒さんの多くもそうです。

エクササイズを継続し、結果がでることで自分に自信がつきます。

そして、身体が健康になって、キレイになって、体力も筋力も増えると、行動も思考も変わります。

仕事に対するモチベーションが変わったり、新しいことに挑戦する生徒さんも続出しています。

私もバランスボールに出会って、仕事に対する意識が180度変わりました。

自分の健康やキレイを保ちながら、ママたちの悩みを解決することでお金をいただくという、素晴らしい循環が生まれています。

さらに、バランスボールインストラクターになりたいという人が増えたことで、もっとたくさんのママを救えるようになりました。

まさに「自分のやりたいこと」を見つけられたんです。

バランスボールエクササイズを、私が心からオススメする理由

とはいえ、仕事や育児、家事で忙しいママにとっては、健康もキレイもやりたいことを手にいれるなんて、「今は無理。」、「子供がもう少し大きくなったら」、「子どもの受験が落ち着いたら」と、いろんな理由で先延ばしにしていませんか?

そういうママこそ、今すぐバランスボールエクササイズをお勧めします。

なぜなら、健康でキレイになると、心にも体力にも余裕が生まれるからです。

これまで3700人のママたちを見てきた私が、ママたちにバランスボールを強く勧める理由は3つあります。

理由1:産後、何しても変わらなかったダイエット難民たちが99.9%変化する

・1ヶ月でウェスト-10cm

・3ヶ月で下腹部-18cm

・3ヶ月で体重平均-10キロ

理由2:健康不安が解消する

・悪玉コレステロール値や高血圧・高血糖の改善

・姿勢改善から肩こり、腰痛、生理痛の改善

・薬が減った

理由3:忙しくても隙間時間にスッピン&パジャマでできる

・必要なのはボールと、跳ねるスペースだけ

・ジョギングやジム通いは一切不要

・短時間で有酸素運動と筋トレができる

いかがですか?

「私にもできそう」「ちょっと、気になる」と思った方はレッスンに遊びにきてくださいね。

私のインスタグラムでも、ダイエットや健康に関する情報を発信しています。

ぜひ、インスタライブにもご覧ください。

公式Instagram:https://www.instagram.com/sayaka06_balanceball/

調査概要

・調査実施日:2023年9月27日  ・対象者:18歳未満の子どもと同居している母親   ・人数:245人(うち働くママは116名)

・調査方法 インターネット調査      ・調査機関:一般社団法人wellbeauty協会

おすすめ記事

2023年8月4日

たった1ヶ月で!生理痛改善の兆し

2023年10月10日

講師としてイベントに参加してきました

2023年11月16日

働くママの本音についてプレスリリースを配信しました!