4月1日 ウソではなく夢を語ろう。April Dreamプロジェクトに参加しました!

2024年4月1日 / お知らせ

4月1日はエイプリルフールですが、「ウソではなく夢を語ろう」というApril Dreamプロジェクトに参加し、協会の夢を語りました。

大人になると目の前のことで精一杯で夢を考えることも語ることもなくなっていくかなと思います。

私自身もそうでした。毎日家事育児仕事の日々は嵐のようで…自分の将来についてなんて考えることもなく歳だけとっていく日々。子どもの未来は考えるけど、自分の未来は??

夢なんて考えなくなってしまうのではないでしょうか?

私も自分の夢を考えられるようになったのはここ数年。バランスボールに出会ってからです。カラダが整い、体力がつき、気持ちにゆとりが生まれ、毎日が変わる中で「こんなことやってみたい!」と新しい想いが生まれるようになりました。

バランスボールを始めて一番最初に考えたずっと変わらない私の夢。読んでいただけると嬉しいです。

以下、プレスリリースより。

ママを健康で美しく導き「心理的虐待ゼロ」の社会を実現する

3,700人の幸福度をあげた独自プログラムでママと子を笑顔に!

バランスボールを活用したエクササイズと食事管理で女性の美と健康をサポートしている一般社団法人wellbeauty(ウェルビューティ)協会(愛知県名古屋市/代表:小田早矢香)は、独自に開発した「美痩せプログラム」を全国のママに普及することで、過去最多を更新している児童虐待の中でその約6割を占める「心理的虐待」を10年間でゼロにします。

当社は、「April Dream 4月 1日は、夢の日 。」に参加しています。

このプレスリリースは一般社団法人wellbeauty協会の夢です。

【ママの幸福度をあげ、心理的虐待ゼロの社会に】

こども家庭庁によると2022年度に18歳未満の子どもが親などの保護者から虐待を受けたとして、全国の児童相談所が相談を受けた件数は21万9,170件と過去最多を更新しました。そのうち暴言や態度などで心を傷つける心理的虐待は12万9,484件で全体の59.1%に上り、近年増加傾向にあります。当協会はこの惨状に心を痛め「ママの悩みを根本的に解決し、心理的虐待ゼロの社会へ」という夢を掲げています。これまで3,700人以上のママを健康で美しい姿に導くことで、ママたちの挑戦をサポートしてきました。「社会」の最小単位である「家族」を笑顔にするのはママです。ママが心から笑っていれば、子どもたちも笑顔になり、社会も明るくなります。私たちはママの悩みに寄り添い、身体面、精神面の両面からサポートし、ママの幸福度をあげることで心理的虐待ゼロを目指し、産後鬱・ネグレクトなど社会問題の改善にも取り組んでいきます。

【99%が悩みを解決した根本的解決法とは】

当協会はママたちの悩みや不満に耳を傾け、根本的解決を目指しています。例えば「痩せたい」という悩みは一見「痩せること」がゴールに思えますが、決してそうではありません。私たちのゴールは「健康で美しい身体」を知識と行動で身につけ、自信を持って自分の人生を切り開いてもらうことです。そのために開発した「美痩せプログラム」は、「バランスボールエクササイズ」「食べて痩せる食事法」「女性の身体のメカニズム」を、忙しくても効率的かつ効果的に学べる独自のプログラム。参加者の99%が体型や心身の不調を改善しています。2023年9月には資格認定講座を開講し、より多くの女性たちをサポートするため講師を育成しています。国内フィットネス業界では初となる「体・食・心」の全てを網羅する『wellbeauty認定資格』の取得者を、3年後には150人を育成し、生徒数1万人を目指します。また、産後のママだけではなく、妊娠前や妊娠中、更年期など、女性のライフステージに合わせたサービスも開発中です。2025年までに、ママたちが集まれるスタジオ兼サロンをオープンし、全国に展開していきます。

美痩せプログラムについて:https://moon-balanceball.com/biyase20/

【ママの幸せは、ママ本人にかかっている】

2023年9月27日に当会が実施した「ママの幸福度に関する意識調査(18歳未満の子どもと同居をしている245人の母親対象)」で、「あなたの【幸福度を上げるために、今やりたいこと/今後やってみたいこと】は?」と聞いたところ、1位に「体型を引き締めたい」(41.6%)、3位に「痩せたい」(31%)と美に関する願望が上位にランクインしました。

幸福度を“下げる原因”は、配偶者やお金など、外的原因で語られることが多いですが、幸福度を“上げる”には、自分自身にかかっていることをママたちは知っています。ママたちの持つ不平不満は一見複雑に見えますが、自身の身体と心の不調が原因の場合がほとんどです。外的要因は簡単には変えられませんが、正しい知識があれば、身体は変えることができます。99%のママが成功した独自メソッドを、日本全国の迷えるママに届けます。

代表者 SAYAKAのコメント

私は、育児休業後に会社に復帰しましたが、仕事とワンオペ育児と家事で休む日もなく、夫との関係も悪化し子どもを叱ってばかりの日々でした。気がつけば、体重は産前+13キロの61キロをマーク。最後は身体と心を病んで仕事を辞めました。そんな私を変えてくれたのがバランスボールでした。ボールに乗っているうちに、自分の身体だけではなく、心も変化しました。その後、女性の身体についても学びを深め、生徒さんと深く関わる中で、彼女たちの信じられないような変化を目の当たりにしてきました。バランスボールで産後鬱を克服し、現在バランスボールインストラクターとして活躍しているママ。「美痩せプログラム」で自分に自信を取り戻しモラハラ夫から子供達や自分を守るために離婚を決意したママ。健康不安で気力体力もなく常に疲れていたママが、健康上の数値も改善し、体力・筋力・気力をつけ子供達との関係性が良くなったと泣いて喜んだママ。そんな頑張るママを1人でも多くサポートすることで、ママだけでなく、未来ある子どもたちを幸せに導きたいと願っています

調査概要

・調査実施日:2023年9月27日  

・対象者:18歳未満の子どもと同居しているママ245人

・調査方法 インターネット調査     

・調査機関:一般社団法人wellbeauty協会

調査結果まとめ:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000130205.html

 

おすすめ記事

2023年8月9日

バランスボールって結局何がいい?

2023年8月4日

たった1ヶ月で!生理痛改善の兆し

2024年3月6日

妊娠中や産後の特徴を学びました